歯周病治療|市原市辰巳台のクニモト歯科

歯周病治療

ハイブリッドペリオがあなたの歯周病を治してみせます!

  • 歯がぐらつく。
  • 膿や血が出る。

といった症状でお悩みの方、是非一度当院の「ハイブリッドペリオ」の治療を受けてみてはいかがでしょうか。

市原市辰巳台の歯医者「クニモト歯科」では、歯周病治療に重点を置き、軽度から重度までの歯周病治療に対応しています。

歯周病とは

歯周病は日本人の成人のうち約80%がかかっている、もしくはその予備軍と言われるお口のトラブルです。初期段階では自覚症状が乏しく、知らないうちに進行していることが多いです。

歯周病の原因は、歯の根元などに溜まったプラークや歯石に棲みつく歯周病菌。歯周病菌が毒素を出して歯ぐきに炎症を起こし、歯を支えている顎の骨を溶かしていくのです。そのため、放っておくと最悪の場合、歯が抜けて落ちてしまう恐ろしい病気であり、歯周病が歯を失う原因の第1位とも言われます。

また、歯周病の原因にもう一つ歯に加わる「力」があります。具体的には主に「歯ぎしり」で、多かれ少なかれ皆様やられるようです。これは事故・転倒と同じ外傷のように歯に加わる外力と同じ性質のものですが、事故・転倒と違い睡眠中の問題ですので、歯ぎしりの自覚症状は非常に少なく、音の出にくい歯ぎしりの場合は家族からの指摘もないため、歯ぎしりをしていることへの対処を拒まれる方もいらっしゃいます。
「歯を磨きましょう」の予防の意識は定着していると思われますが、「歯ぎしりへの対策をしましょう。」は開院当時からの当院の取り組みですが、まだまだこれからです。

こんな症状が現れたら要注意

以下は歯周病の代表的な症状です。このような症状はありませんか? 気になる歯周病の症状があるなら、早めにご相談ください。

歯周病の進行段階

軽度歯周炎

歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)にプラークが溜まり、歯ぐきが赤く腫れて出血しやすくなります。進行すると歯ぐきが下がって、歯が長くなったように感じます。歯周ポケットは3mm程度です。

中等度歯周病

歯周ポケットは深くなり、膿も出て口臭もひどくなります。顎の骨が溶けはじめ、指で押すと歯がグラグラと動きます。歯周ポケットは4~6mmです。

重度歯周病

歯周ポケットはさらに深くなり、歯のグラつきが顕著になります。歯ぐきが赤黒く変色し、さらに口臭もひどくなり、咬むと痛みを感じるようになります。放置すると歯が抜け落ちてしまうことも。

検査・治療方法

検査
ポケット検査 歯周ポケットの深さをプローブという専用器具を使って測定します。歯周ポケットが深くなるほど歯周病が進行していることになります。
レントゲン撮影 レントゲン画像で歯を支える顎の骨の状態を調べます。顎の骨の状態が薄くなっているほど、進行していることになります。
治療方法

当院では、軽度から重度の歯周病まで幅広い症状に対応していますが、特に重度の歯周病治療を得意としています。また、当院では新しい治療方法として、重度の歯周病に対して外科的治療ではなく薬で治す「歯周内科」を導入しています。

歯周ポケット掻爬術

歯周ポケット内部にあるプラークや歯石を除去する外科的治療です。歯ぐきを切開し、歯周ポケット内にあるプラークや歯石、歯周病に感染した歯周組織を取り除きます。

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリングにて、歯と歯の間や歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を、スケーラーという専用器具を使って取り除きます。さらにルートプレーニングにて、歯周ポケットの奥深くにあるプラークや歯石を取り除き、歯の表面をツルツルに磨いて歯石の再付着を防ぎます。

歯周内科

歯周病の原因である菌に特に効果がある薬を併用し、その菌を除菌することによって健康な歯ぐきを取り戻します。

ポイックウォーター

「歯ブラシだけでは歯周病は治りません。」当院では歯周病菌の完全除菌を目指します。そのためにはもちろん歯ブラシも重要ですが、科学的な方法の併用によって今まで治らなかった歯周病の患者さんの多くの方に改善が見られるようになりました。
ポイックウォーター歯垢(プラーク)を分解し、口臭予防・むし歯菌・歯周病菌を殺菌する効果があります。
また、ほとんどの細菌・ウィルス(虫歯菌・歯周病菌・肝炎ウィルス、ノロウイルス、インフルエンザウィルス、O-157、HIV、MRSAなど)を殺菌することも可能です。

症例

ケース1

患者様より「バナナを食べて血が出た」とご相談があり、じっくり歯周病治療を続けたところ、まったく血が出なくなるくらいまで歯ぐきが引き締まりました。

ケース2

20代女性より「奥歯の周りが腫れて咬むと痛くグラつく」とご相談がありました。歯を支えている顎の骨がなくなってしまった部分に「エムドゲインゲル」という薬を使用し、新たな骨で歯を支えられる環境を作りあげました。

ケース3(珍しい長期安定ケースの写真)

本数に注目!当院に受診されまでにことごく大臼歯を抜かれ(喪失にいたり)、当院での歯周病治療を受けメンテナンス開始。以後8年間で1本も歯を抜かれないで現状維持に成功。(ほぼ大臼歯を失い、本来なら年を重ねるごとに歯ぐきは弱り、さらに歯を抜く状態に拍車がかかるはずが・・・。現在69歳)

術前

術後