歯ぎしり

医院ブログ

歯ぎしり

あなたは夜寝てる時の歯ぎしりを家族に指摘されり、朝起きると顎が痛かったりしたことはありますか?

歯ぎしりは歯や歯ぐきにかなりの負担をあたえています。日々の歯ぎしりの結果、いつの間にか歯が割れてしまったり、歯がグラついたり、しみるようになったり、様々な症状を引き起こします。

 

実は歯ぎしりは9割以上の人が必ずやっていると言われています。音がするものだけでなく寝返りのときの噛みしめなども含まれているので、口を開けて寝ている人もやってしまっているのです。

この歯ぎしりは生理的なものなので治すことはできませんが、専用のマウスピースを使うことによって歯ぎしりの負担を直接歯にあたえないようにできます。

 

私達スタッフも予防のため毎日マウスピースを使っていますが、マウスピースが歯ぎしりによって削れて穴が開いたり割れるのを見るとそれほど強い力がかかっていることに驚きます。

ぜひ予防のために歯ぎしり用のマウスピースをつくることをお勧めします。

戻る